2015年09月02日

鳩の音

4月くらいまで停滞していたこころが梅雨時に晴れて、
夏を謳歌しないまま、いま、なんだか肌寒く思う。

自分のこころは、自分にしか埋められない。
ひとりでいきるというのは、自分を幸せにする術を身につけることなんだろうと思う。

調子に乗らず、感謝のこころを持って、挨拶をきちんとする。
期待しないことと素直なこころを持つことが、わたしの中ではまだ少し矛盾している。
人のさみしさを埋めても自分が満たされることはない、と思ってしまう時点で、愛から遠ざかっている。

それでも、あなたが嫌いだと笑ってくれる人に、ありがとうと思う。
posted by はるな at 01:32| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする