2009年12月15日

シンフォニー/noiam

もし君が さみしくなったら
そう すぐに ここまでおいで
もし君が 会いたくなったら
迷わずに さぁここへおいで

明日 晴れたら 君は一歩を踏み出して
僕は いつでも ここで歌っているからね

君の目に映る光が 確かなものだったなら
どんな方法でも 僕はかまわない
悲しい思いをしたから 僕らはきっと強くなって
それぞれの一歩を 歩いていけるだろう

自分にとって 一番大切なことを
守れる強さを 君は持っているから
なくさぬように もっと 輝いて
僕はここから 君のことを見てるよ

明日 晴れたら 君は一歩を踏み出して
僕は いつでも ここで歌っているからね

もし 君が さみしくなったら
そう すぐに ここまでおいで
ねぇ 君が 会いたくなったら
迷わずに さぁ ここへおいで

明日 晴れたら 君は一歩を踏み出して
僕は いつでも ここで歌っているからね

posted by はるな at 01:13| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のわーー今まさにシンフォニー@マイスペ聴いて泣いてました。素敵すぎる。あったかすぎる。
こういう種類の涙を教えてくれたnoiamにも、いつもあったかい場所をくれるはるなさんにも、『ありがとう、明日僕は一歩を踏み出すから見ててね』って思います。
Posted by ハル at 2009年12月15日 06:14
わたしもこれ書いたときと今マイスペ垂れ流しよ!笑
ね。愛を感じるよね。
あくまで「ここにいる」「見ちょる」なんよね。愛やー。
ちょっとこういう曲のすごさは俄然語りたいわ!
うんうん、わたしも、noiamにもハルちゃんにも、ありがとう だよ。踏み出すよ。まだちょっとこわいけど。
Posted by はるな at 2009年12月15日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。