2010年10月08日

僕らは祈らない

この間久々に自宅に帰ったら、冷蔵庫から破滅の臭いがしました。
女子力??なにそれ(笑)

いやー、くさいもんってふたをしても臭うのね。
いやふたを凌駕する臭さだったのかもだけれど。


今日はそんな日でした。
ふたがずれたみたいだった。
かさぶたに罅が入ったような。
哀しい、とか、寂しい、が、内側から這いずり出てくるような。


小さなわたしまだ泣いちょった。
なんだ、まだそこにいたんだね、っていう感じ。
忘れちゃだめだよっていうことなのかな。
逆かな。
一番哀しいのは、そのわたしにわたしが追いつかないこと。

きっと何か伝えたいのだろうな。
今日、から、わたしは何か見過ごしていないかな。
もっと大事にしなさいってことかな。
伝わらない、がわたしの今いちばんの苦しみなのに、わたしは伝えてもらうことをきちんと汲み取れちょるのかな。
もう何もとりこぼしたくはないなぁ。


過去は無酸素状態で、未来はいつも無重力だ。



「どれだけ大事にしても偽物だよ でも大事なことは本当だよ」
arrows/BUMP OF CHICKEN

バイト中これと飴玉の唄がやたら脳内再生されて涙ぐんだ。
不審。笑 しかし神曲。
posted by はるな at 00:18| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか知らんけどこの日記読んで涙なう><。
私の小さい私もまだ泣いてます。どうしたらいいのかなー
Posted by はる at 2010年10月09日 03:16
はるぴょん今日はありがとう♪

わたしはとりあえず泣かせとくしか今はできないにゃー。
息の根止めるのも可哀想だし、あの子はまだ抱き上げられるべきでもないし。
なんだかにゃーよねー。
ががががむばろうううう!!!!
Posted by 春奈 at 2010年10月10日 04:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。