2014年07月05日

アイ

いろんなことを頭だけで考えて、先回りしないと負けるなんて思い込んで、一人で勝手に焦っては空回って、
求めてほしがりながら、求められてもないのに与えられない なんて涙しちゃって
結局考えてたのは、虚勢を張ることだけだったんだなぁ。
ああ、くっそしょーもーねーな、とおもった。
与えられるものなんてほんとは何もない。
与えられそうなものを、ほしがってもらっていただけなんだ。

ひとりぼっちだー。誰か気付いてくんないかなーなんて今でもやっぱ思うけど、
こんなところでぽっきり折れてしまうんだったら、一年前のあの日くたばっておけって話なわけで。
なんやかや言い訳してじぶんを守っては、結局生きていたいし、いつかは破顔したいんだなぁ。

自己評価の低さと、コンプレックスと、自己愛と、とんでもない混ざり方をしている。
すぐに誰かのまねをして、偽物なんだーって落ち込んで、そりゃひとりだ。

こんなじぶんのことはまだまだゆるしてあげられないけれど、
誰かに愛してもらうことでそこから逃げることは、やめないとな。
posted by はるな at 16:36| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。