2007年07月21日

cannonball/Damien Rice

Still a little bit of your taste in my mouth
Still a little bit of you laced with my doubt
Still a little hard to say what's going on

Still a little bit of your ghost your witness
Still a little BIT of your face I haven't kissed
You step a little closer EACH DAY
Still I can't SAY what's going on

Stones taught me to fly
Love taught me to lie
Life taught me to die
So it's not hard to fall
When you float like a cannonball

Still a little bit of your song in my ear
Still a little bit of your words I long to hear
You step a little closer TO ME
So close that I can't see what's going on

Stones taught me to fly
Love taught me to lie
Life taught me to die
So it's not hard to fall
When you float like a cannon

Stones taught me to fly
Love taught me to cry
So come on courage!
Teach me to be shy
'Cause it's not hard to fall
And I don't WANNA scare her
It's not hard to fall
And I don't wanna lose
It's not hard to grow
When you know that you just don't know
posted by はるな at 23:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

フクロウ/サカナクション

心の先々で何を見つけられるのだろう
見える物や見えない物 何にも無いと解ってたんだろう

そうひとり そうひとりなの

汚れた顔を振り上げては ちゃんとした事を言うようになる
生まれたてのその知識じゃ 何の役にもたたないのさ

そうひとり そうひとりなの

見上げたその先にフクロウ

そして僕の目を見よ 歩き始めるこの決意を
旅立つ人の足跡で 映し出してくれ機械の音

見上げたその先には うずくまるその陰にフクロウ

そして僕の目を見よ 歩き始めるこの決意を
旅立つ人の足跡で 映し出してくれ機械の音

思い出して最高の日を 途惑うような坂道で
かき消してしまう悲しい雨
薄い傘に涙の音
posted by はるな at 23:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

Rootless Tree/Damien Rice

What I want from you
is empty your head
The say "Be true,
Don't stain your bed"
We do what we need to be free
And it leans on me
Like a rootless tree

What I want from us
is empty our minds
We fake a fuss
And fracture the times
We go blind When we've needed to see
And this leans on me
Like a rootless...

So fuck you
And all we've been through
I said leave it
it's nothing to you
And if you hate me
Then hate me so good that you chan let me out
Let me out of this hell when you're around

What I want from this
Is learn to let go
No not of you
Of all that's been told
Killers reinvent and believe
And this leans on me
Like a rootless...

So fuck you
And all we've been through
I said leave it
It's nothing to you
And if you hate me
Then hate me so good that you chan let me out
Let me out of this hell when you're around
Let me out...
And fuck you,fuck you,I love you
And all we've been through
I said leave it
It's nothing to you
And if you hate me
Then hate me so good that you chan let me out
Let me out...
It's hell when you're around
posted by はるな at 10:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂漠喫茶/時雨庵

そう、一人、歩く砂漠
空の水筒手に
そう。一人。歩く砂漠
空の水筒手に

「蜃気楼幾つ越えても只、灰の向うに青が広がっていることは正しい」
「ああ、そんなの、私の知った事じゃない」なんて怒鳴り散らした
嗚呼、駱駝が疲れて長い睫を伏せる
一人で歩くと決めたあの夜の月が瞼の裏で揺れる

そう、独り歩く砂漠
空の水筒捨てる。
そう。独り。歩く。砂漠。
空の水筒捨てる。

「蜃気楼幾つこえても、只、灰の向うに青が広がっていることだけは正しい」

「そんなの私の知った事じゃない」なんて怒鳴り散らした
枯れた蒼にカップを傾け
嗚呼、愚凡なそれに神のソーサーが舞い降りたら
少し笑うかな。

「砂漠喫茶?そんなの私の知った事じゃない」なんて
怒鳴り散らした。枯れた青にカップを傾ける。
嗚呼、愚凡なカップに神のソーサーが舞い降りたら、
少し笑うかな。笑えるかな。
posted by はるな at 10:12| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

Diving into your mind/畠山美由紀

It's the hardest thing
Living in doubt
I'm sleeping on the table in the sun
Every cloud's shadow's stroking my face
And they go away

I don't cry anymore
It's just sad to watch the clouds that are passing very quickly in the sky
But I'll let you know
That I'll, I'll never surrender

Diving into your mind
And you'll always find the key
Just listen to your voice
You can't say it in words
But you can understand
It's been the same as before
How the lonliest people can touch other people's hearts?
And why do I always hurt you?
I really, really love you so much though

Living everyday
Sharing with you
I'm thinking of the days I didn't know
The future is always chosen by every moment

I go with you
When you softly put your hand
On my right shoulder
I almost cry
'Cause I feel your warmness
It's just like the sunset

Diving into your mind
And you'll always find the key
Just listen to your voice
You can't say it in words
But you can understand
It's been the same as before
Even when you think it's over
You don't know that
How and when a true result shows up in your life
So I'm sayin' loud
I really, really love you so much


日本語訳
posted by はるな at 00:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

strawberry/dracaena


まだ後ろを気にしてる 僕らの目は曇って
ぼやけてゆく姿を 手探りで探し合った

色あせた果実を 重ねた手で運び合った
「思ったようにいかないな」 目を落として笑う

少しだけ前を見始めた 僕らの目はにじんで
色褪せた果実も 色づいて見える

「strawberryの匂いが消えるまで・・・」
「strawberryの匂いが消えるまで・・・」
posted by はるな at 02:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

AKATSUKI/稲葉浩志


涙さえ流れない夜に 煌く星を見て
気の遠くなるよな距離を想い カーテンを閉めきった

どんなにあなたが 冷たく私を
素通りしたとしても 責めないよ

傷ついてもいい 抱きしめてもいい
目の覚めるような 火花を散らして
色あせない 魂のplayground
終わらせない I will come around
暁を告げる鐘が鳴り
私はまた舞い上がる RISE

あなたを探し 路上を彷徨い 月の影に眠る

翼をもがれたよ 泥にキスしたよ
それでも私は 笑い返す

傷ついてもいい 抱きしめてもいい
目の覚めるような 火花を散らして
突き落とされよう 裏切られよう
何べんでもいい 浮かび上がれ
東の空を朱く焼いて
私はまた舞い上がる RISE

暗い予言が街を飛び交い 失うことを畏れみんな祈る…

傷ついてもいい 抱きしめてもいい
目の覚めるような 火花を散らして
色あせない 魂のplayground
終わらせない I will come around
突き落とされよう 裏切られよう
何べんでもいい 浮かび上がれ
火の鳥のように お日さまのように 甦ろう 絶望などない
暁を告げる鐘が鳴り
私はまた舞い上がる RISE

涙さえ流れない夜に 煌く星を見て
posted by はるな at 23:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

春の歌/スピッツ

重い足でぬかるむ道を来た トゲのある藪をかき分けてきた
食べられそうな全てを食べた

長いトンネルをくぐり抜けた時 見慣れない色に包まれていった
実はまだ始まったとこだった

「どうでもいい」とか そんな言葉で汚れた
心 今放て

春の歌 愛と希望より前に響く
聞こえるか?遠い空に映る君にも

平気な顔でかなり無理してたこと 叫びたいのに懸命に微笑んだこと
朝の光にさらされていく

忘れかけた 本当は忘れたくない
君の名をなぞる

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を

歩いていくよ サルのままで独り
幻じゃなく歩いていく

春の歌 愛と希望より前に響く
聞こえるか?遠い空に映る君にも

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を
posted by はるな at 22:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

零時/lunkhead

逃げ出したい耳を塞ぎたいもう何も見たくない
望みは叶って僕はもう一人きり


逃げ出したい息をしたくないけどそれも無理のようで
ただ明日を待って息を潜めてるだけ
悪意は無いと歌う悪意に満ちているこの世界で
何を思えばいい


正論なんか聞きたくない
正義も悪も僕もこの夜と闇が喰い殺してくれたならいい
ディストーションを踏んでしまったのは僕の方かそれとも君の方か
posted by はるな at 01:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

8823/スピッツ

さよならできるか 隣り近所の心
思い出ひとかけ 内ポケットに入れて

あの塀の向こう側 何もないと聞かされ
それでも感じる 赤い炎の誘惑

誰よりも速く駆け抜け LOVEと絶望の果てに届け
君を自由にできるのは 宇宙でただ一人だけ

夜明けの匂いを吸い込み すぐ浮き上がって
裸の胸が 触れ合ってギター炸裂!

荒れ狂う波に揺られて 二人 トロピコの街を目指せ
君を不幸にできるのは 宇宙でただ一人だけ

簡単なやり方でいいよ ガンダーラじゃなくてもいいよ
愚かなことだって風が言う だけど

誰よりも速く駆け抜け LOVEと絶望の果てに届け
君を自由にできるのは 宇宙でただ一人だけ
今は振り向かず8823 クズと呼ばれても笑う
そして 君を自由にできるのは
宇宙でただ一人だけ
今は振り向かず君と...
posted by はるな at 00:12| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふがいないや/YUKI

私が生まれた朝の街 雪の中に埋もれた
それはそれは小さい手で 青空をあおいだ
さながら 昔からよく知る となりの あの娘のように
片方の耳たぶで聴く 卒業のカノン
一人でも 大丈夫よって めくれてる 私のストーリー
誰かのせいにしたいよ つらいなあ。いや。嫌。
右利きの おりこうさんには 雨上がりを あげよう
手作りの フォーチュンクッキー 食べながら でかけよう
哀しくって 泣いてばっかりいたら 芽が溶けて無くなった
秋になり また 冬になり ひとつ年をとった
遠くまで 逃げているつもりでも 終わらない 君のストーリー
にやにや 笑っている ふがいないや。いや。
すがりながら 追いかけてみても あしげにされても
空いた穴を 埋めよう ちがいないや。いや。
かさねあう もたれあう すててしまうんだ もうすぐ
消えてしまう 愛しい人も 優しい日々よ もうすぐ
私が生まれた朝の街 雪の中に埋もれた
それはそれは小さい手で 青空をあおいだ
遠くまで 逃げているつもりでも 終わらない 君のストーリー
にやにや 笑っている ふがいないや。いや。
すがりながら 追いかけてみても あしげにされても
空いた穴を ふさごう ちがいないや。いや。
ふがいないや。いや。
つらいなあ。嫌。嫌。
posted by はるな at 00:03| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

生活/syrup16g

君に言いたい事はあるか
そしてその根拠とは何だ
涙ながしてりゃ悲しいか
心なんて一生不安さ

君に存在価値はあるか
そしてその根拠とは何だ
涙ながしてりゃ悲しいか
心なんて一生不安さ

I want to hear me
生活はできそう?
それはまだ
計画を立てよう
それも無駄

君の動体視力はどうだ
そしてその目に何を見てるんだ
誰が何言ったって気にすんな
心なんて一生不安さ

こんな世界になっちまって
君の声さえもう
思い出せないや

そこで鳴っている
そこで鳴っているのは
目覚まし時計
posted by はるな at 00:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

黒い海/時雨庵

さめはじめたら突然動けなくなる
捩れた 喉が私を突き刺して塞がる

「願いは一つだけ」なんて言わないわ。

この青い空が落ちてきたら私を濁す水をください
四月の空が落ちてきたら私を濁す水をください

まるで血を吐くように息をしながら
まるで地を這うように生きるのはもう嫌で嫌で

「願いは一つだけ」なんて言わないわ。

この黒い海から光が消えても指を絡めていて
たとえそこに熱はなくてもいい 指を絡めていてよ

「突然すぎて動けない」と笑う笑う
posted by はるな at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

ギルド

愛されたくって吠えて
愛されることに怯えて
それでも呼吸が続くことは許されるだろうか

その場しのぎで笑って
鏡の前で泣いて
当たり前だろう隠してるから気付かれないんだよ
posted by はるな at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

R.E.M. R.E.M.

I sing alone

...

I used to be

...

Your love's falling

...

I'll take the rain
I'll take the rain
I'll take the rain

I'll take the rain
posted by はるな at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

HANDS OPEN/SNOW PATROL

It's hard to argue when
You won't stop making sense
But my tongue still misbehaves
And it keeps digging my own grave
With my hands open
And my eyes open
I just keep hoping
That your heart opens
Why would I sabotage
The best thing I have
Well it makes it easier to know
Exactoly what I want
It's not as easy as willing it all to be right
Got to be more than hoping it's right
I want to hear you laugh like you really mean it
Collapse into me tired with joy
Put sufjan stevens on
And we'll play your favorite song
Chicago bursts to life
And your sweet smile remembers you

続きを読む
posted by はるな at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

Your Song/Elton John

It's a little bit funny this feeling inside
I'm not one of those who can easily hide
I don't have much money but boy if I did
I'd buy a big house where we both could live

If I was a sculptor, but then again, no
Or a man who makes potions in a travelling show
I know it's not much but it's the best I can do
My gift is my song and this one's for you

And you can tell everybody this is your song
It may be quite simple but now that it's done
I hope you don't mind
I hope you don't mind that I put down in words
How wonderful life is while you're in the world

I sat on the roof and kicked off the moss
Well a few of the verses well they've got me quite cross
But the sun's been quite kind while I wrote this song
It's for people like you that keep it turned on

So excuse me forgetting but these things I do
You see I've forgotten if they're green or they're blue
Anyway the thing is what I really mean
Yours are the sweetest eyes I've ever seen
posted by はるな at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

ええ曲やわ(;_;)

You change your mind come monday
and turn your back on me
You'll take your steps away witn hesitance
You'll take your steps away from me

Cautioners/JIMMY EAT WORLD
posted by はるな at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

大きな翼/矢野真紀

その広さに 服従する様に私といえば微笑むだけ
”ずっと苦しかった、ちぎれそうになった”見えない鎖が解けてゆく

その碧さに 鈍る爪先踏み出したら傷も癒えていく
温もりになって 強さになって小さな私を征服する

宇宙を切る いたずらな風
宇宙は泣き 雨が降る

おどり出しそうな若い瞳からは
飛び立つ術が映っている”私を見て”と
大きな翼はうずいている
果てしない未来に私はうたう

雲を破り 涙途絶えおおらかな虹と交わる時
七色の塵は 原動力になって君を凛とさせ輝かせる

夢を見る 真っ直ぐな君
”為せば成る”廻り道せずとも
宇宙を切る いたずらな風
宇宙はうたう 光は導く

猜疑しすぎた痛い瞳からは
眩しい陽光が映っている”自分を愛せ”と
大きな翼はうずいている
無限大の君は今羽ばたく

おどり出しそうな若い瞳からは
飛び立つ術が映っている”私を見て”と
大きな翼はうずいている
加速してゆく鼓動…

猜疑しすぎた痛い瞳からは
眩しい陽光が映っている”自分を愛せ”と
大きな翼はうずいている
記念すべき今日が今はじまる



春がっしくの課題曲(幹部が組んだバンドで、渡された曲を耳コピするのさ)なり。
うーん、「矢野」だけで「矢野顕子」やと思ってた私は一瞬聞いてびっくりしたんやが、やばい。この曲いい。これ誰の趣味?やばいよ。いいよ。普通に歌いたいよ。私はドラムなのさー。
とにかく課題曲が気に入れて良かった。モチベーションに関わるしね。幹部のみんな、おつかれ、ありがとー!
がんばるぞー!!!
私には難しそうやけども;;
posted by はるな at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

銀色夏生

いつも笑うと決めたなら
それでいいけどそのかわり
決して泣いちゃだめだ
いつも笑うと決めたなら
最後まで笑いぬけ
簡単にひるがえる決心なら
心を失っていくばかりだ

決心/銀色夏生
posted by はるな at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする