2017年09月12日

えほん

いつか誰かと一緒のお墓に入るとしたら、わたしは自分の家のお墓には入れない。
そうしたら、もう本当に、一生おじいちゃんとおばあちゃんと一緒に眠ることはないんだなと思って、なんだか泣けた。
眠る場所は一つしか選べないのかー。せつない。
秋だなー。
posted by はるな at 00:34| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

ひさびさに

いじめって言葉の無駄にオブラートに包む感じ、ほんま悪しき風習やわ。

「あなたのしたことは、いじめではありません。

あなたのしたことは、

恐喝であり

暴行傷害であり

脅迫であり

殺人未遂なのです。」

って王子くん(田村由美さんのマンガ)も言うてはるで。


まだmixiがあった頃同じ話した気がする。

なんも変わってへんやんか。


なんとかハラスメントだの女性の社会進出だのって、みんな自立!はっきり言おう!多様性を受け入れよう!みたいな風潮あるけど、なんでそうするか、それでどうしたいかがボヤっとしちょるよなー。


声でかい人が強くなるためのハリボテというか、心がない。

そもそもできて当たり前のこと声高にアピールする時点でナンセンスやし、どうやったって合わへんとかあるのにそこに蓋して綺麗にして楽しいんか。

中身スカスカのケーキにクリーム塗って綺麗に見せちょるみたいな違和感。


これは、人生を変える○○みたいな本が流行るのと同じ原理やなきっと。

著者の価値観に想いを馳せて自分に落とし込まな、表面だけ撫でたって身につかへんのに。


まぁそれで流行り廃りがあっていろんな人にヒットのチャンスが巡るし、一部のマッチした人は幸せになるんやろうし、いいんかもやけどさ。


最近のわたくしは小栗旬さんの格好良さに気付きました。

あと棒アイス食べられるようになりました。知覚過敏は治る!

posted by はるな at 00:30| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

可愛

契約したら全力で臨んで、ぜんぶを自己責任とするから疲れるんだろう。
責任は分担されるものだとわたしは思った。
結局こころがさみしくて、誰かを信じたいけどこわいから、信じられないんだろう。

posted by はるな at 08:42| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

鳩の音

4月くらいまで停滞していたこころが梅雨時に晴れて、
夏を謳歌しないまま、いま、なんだか肌寒く思う。

自分のこころは、自分にしか埋められない。
ひとりでいきるというのは、自分を幸せにする術を身につけることなんだろうと思う。

調子に乗らず、感謝のこころを持って、挨拶をきちんとする。
期待しないことと素直なこころを持つことが、わたしの中ではまだ少し矛盾している。
人のさみしさを埋めても自分が満たされることはない、と思ってしまう時点で、愛から遠ざかっている。

それでも、あなたが嫌いだと笑ってくれる人に、ありがとうと思う。
posted by はるな at 01:32| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

nobody's home

猫と暮らしたいなーと思って
パンプのKを思い出して脳内再生で泣いて
そういえば、はじめてダンデライオン聴いた時も号泣して、リビングの家族にライオン死んじゃったと訴えたなーと思い出して
家族の笑顔を思い出して
そういう空間はもう二度とないことも思い出して更に泣いた。

死を悲しむやわらかい心が自分にはあって、
扱いきれないそれを受け止めてくれる誰かがいつもいた。
ソラニンで種田が死んじゃった時も、
百獣のたてがみにゃんこでヒョウくんが死んじゃった時も。

今そういうある種の死にきっとわたしは対峙していて、それをうまく悲しめなくて、こまっている。
人に頼ることじゃないのだろうけれど、扱いきれないふにゃふにゃのこころが、悲しみにすらなれないみたいで、いっそう扱えなくなって、こまっている。

じぶんの心に正直になってあげられたんですね。
いつか言ってもらった言葉。
わたしは正直に生きている。
心の受け止めどころがなくて、すこしこまっていて、とてもさみしいのだろう。

あ、だめだ、まとまらん。
疲れちょるなー。


posted by はるな at 01:37| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

ぐおお

このしょーもなモテ期もどきはなんなんや!!
ありがたいことやけどまったく嬉しくない!!

自分がしょーもないことしたせいか??としょげて、
自罰傾向が強いという分析を思い出して、
ついでにスピーカーの設定のために前のケータイ起動して、
ああ、あほだ…としょげて、
ああー!!これこそがしょーもないわたしか!!
と、今行き着く。

ほんとなんなんや。もう。
反省してもっと慎ましく生きよう。。。
そして一刻も早く猫をお迎えしよう。
posted by はるな at 01:09| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

なるほど

わたしはせっかちで、いつも焦っている。
生き急いで、誰か止めて、こわれそう、って思っている。
残念ながら頭だけは少しまわるから、近づけば大体のことは、おおよそわかる。
だから捨てたがる。はやく次にいかなきゃ、なんとかしなきゃ、って、思っている。
安住の地を用意してもらって、ぬくぬく過ごせても、変えなきゃ、捨てなきゃ、持ってちゃいけない、はやく、はやく、って、思って、そうする。
それで泣くんだな。ばかだなぁ。なんでそこはわかんないんだ。
わかったことを、どうして飲み込んで踏みとどまれないんだ。
ばかだなぁ。優しいのに可哀想な人だ、と言われた。
なんだかな。仕事いこ。
posted by はるな at 11:27| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

アース

自分の求めるものくらい
自分の心で知っておけ。
posted by はるな at 20:06| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

いめとれ

消化試合、みたいな生き方はやめる。
けど、目的はやっぱり、待ってもらっていることよりも、返していくことだ。
ゼロに向かう心酔するような心地よさと、震えながらプラスにむかう爽快感。
軽くなっていく体で、それでも今すごく気分が良い。

posted by はるな at 01:18| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

めも

謝るときは自分本位で、
お礼を言う時は、たぶん、謝る時より相手のことをみれている。
だから謝るより、お礼を言おう。
どっちにしたって、じぶんはちっぽけだって思うなら、相手の大きさに目を向けないとな。
posted by はるな at 18:55| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイ

いろんなことを頭だけで考えて、先回りしないと負けるなんて思い込んで、一人で勝手に焦っては空回って、
求めてほしがりながら、求められてもないのに与えられない なんて涙しちゃって
結局考えてたのは、虚勢を張ることだけだったんだなぁ。
ああ、くっそしょーもーねーな、とおもった。
与えられるものなんてほんとは何もない。
与えられそうなものを、ほしがってもらっていただけなんだ。

ひとりぼっちだー。誰か気付いてくんないかなーなんて今でもやっぱ思うけど、
こんなところでぽっきり折れてしまうんだったら、一年前のあの日くたばっておけって話なわけで。
なんやかや言い訳してじぶんを守っては、結局生きていたいし、いつかは破顔したいんだなぁ。

自己評価の低さと、コンプレックスと、自己愛と、とんでもない混ざり方をしている。
すぐに誰かのまねをして、偽物なんだーって落ち込んで、そりゃひとりだ。

こんなじぶんのことはまだまだゆるしてあげられないけれど、
誰かに愛してもらうことでそこから逃げることは、やめないとな。
posted by はるな at 16:36| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

小宇宙

すごくちっぽけなところで、せかせか動いている。
世界の構成要素でしかないのに、そこにまで箱庭みたいな小宇宙がひろがっている。
末端だから、根っこのことはわからない。
でも根っこにだって、森の広さはわからない。
森には陸の果てはわからないし、陸の果ては地球の大きさを知らない。
地球は宇宙のおわりにはたどり着けない。

けれど末端には関係ないことなんだ、そんなのは。どうせ世界を変える力なんてないんだし。
ただ末端は、枝としてできるだけ伸びて、花をつければいいんだろう。
つけられなくてもべつにいいんだけど、なんとなくその方が良い気がする。
大きさ、を考えると目眩がするけれど、だからこそできることを、足もとのことを、こつこつと。
posted by はるな at 14:41| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インディゴ

久々にオールした。ななんと5時間歌いまくり。
楽しかったなぁー。
帰路につく時は夜明け前で、帰りながらどんどん夜が明けていった。残念ながらお日様に背中を向ける家路だったけど。
山道を通ったら霧の中だった。たましいがたくさん通り抜けていくみたいだった。
この時間やとまだ息は白くて、それがむしろうれしかった。
帰宅した家のほの明るい感じは、思い出深い明るさだった。

目を閉じて、覚えておいて、ありがとう、殆ど覚えていないような、忘れられないいろいろ。
今日は遊んでくれた友達に、自分の心に向き合ってあげられるようになれたんですね、って言ってもらえた。
たくさんの優しい言葉に生かされている。

未来は途方もないし、もうどうでもよくないことなんてないけれど、ポイントが再確認できた。
しあわせ。

おやすみなさい。

posted by はるな at 05:28| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

さぁついに行き先を失って地球に謝った

友達が教えてくれた小谷美紗子というアーティストがすこくいい。
秦基博もちゃんと聴くとすごくおもしろい。Death cab for cutieにはのみこまれる。jason mrazは天才。

ただ音楽聴いて、そんな話して、コーヒー飲みたいだけなんだよ。相手が誰だって。
触れ合いとか、悩み事の語らいとか、涙とか、そーゆーのはいらないんだ。
そんなことさえ、こんなところでしか言えなくなってしまった。

今日は仕事もなんだかうまくいかなかったなー。
わたしの話し方は気に入らないらしい。
俺のせいにしたいんだろって冷静に怒ってたよ。
残念ながらあんたのせいだよ、間違いなく。自己責任だよ痛いほどに。
それでも迷惑かけるのが申し訳なくて、お金のためとか言って今の仕事にしがみついて、あんなすてきな人たちに迷惑かけていいんだろうかとも思う。

理解者なんていないんだよ、わかってくれてうれしいの前提は他人であることだ。
だから誰の顔も見れなくなってしまった。
けどこんなわたしを、らしくないねって心配してくれる人もいて、腹が立つのとさみしいのと諦めとありがたいのとがないまぜになって泣きながら帰宅した。 

おばけになりたいし、おばけに会いたい。
いつかのわたしがもういないように、いつかの誰かももういない。誰ももういない。

わがままなんだな、めんどくさいな。
わかってほしい。知っていてほしい。リアクションはいらない。
なんで黙ってそこにいるってできないんだろう。
植物でも買おうかな。

posted by はるな at 20:34| Comment(3) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

天使

誰かに会って話したいけれど、その誰かの顔がみつからない。
話したいこともない。心を明かしたところで誰の共感も理解も得られないだろうと思う。
そう思うから、何をどう話せば良いのかもわからない。
自分が明るい気持ちなのか沈んだ気持ちなのかも把握できないし、だから誰かに求めるものもわからない。
誰にも会いたくなんて本当はないのかもしれない。
こうやって自分の顔や声も失っていくんだなぁ。心を置き去りにして久しい気さえしてくる。

それでも声をなくすのはこわいから、やっぱり情報はたくさん必要だ。
情報は裏切らない。それを正しく扱える知識さえあれば。
情報を伝える声だけあれば、声がなくならなければ、きっと大丈夫だ。いつかなんとかなる、かもしれない。

左腕の一本くらいくれてやる、と思うと、自分が弱っちいのにものすごく強い人間な気がしてくる。したたかではあるな、たしかに。
知識と情報。伝える言語能力は幸い与えられた。色々蓋をして、そのかわり開いたところに詰め込んで、ぎこちなくでもいきていく。それでいける。

posted by はるな at 15:35| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さんぶん

ほんとはさ、ずっとおもってる
なんて嘘。悪くない方の嘘だ。

心がやわらかくて強くい、あったかい人が、涙を流すなら、抱き締めさせてほしいとおもう。
泣いてるところが見てみたかったな。
わたしは心がやわらかいけど弱っちいから、頭を撫でてほしいなとおもう。

臆病だから、さらけ出しながら優位に立とうとして、そんなことじゃそのさみしさは埋まらないってわかってたよ。
いつも笑っていたかったのはお互い様のはずなのにな。
破棄したり黒くなったり、ほんとうに落ち着きがない。誰の横でも安心して眠れないんだ。かわいそう。

雨が降ると、トタン屋根が喜ぶ音を思い出す。
飛び込んでみたり、すれすれのところに口づけたり、嬉しいけど続かないから涙を流したり、そんな決意じゃなかったよ、必要なのは。

あんまり摩耗したような感想はないけれど、心をうまくつかえなかったな。
月が欠けはじめたから仕方ないな。
カーブはいつだって重力とのたたかいだ。


posted by はるな at 03:23| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

seep

心が強くてやわらかい人が好きだ。
わたしも強くならねば。
posted by はるな at 03:29| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めも

なかなかひとには言えないことがあって、
何をどう話せば良いのかもわからなくて、
話せば話すほど墓穴を掘って自己嫌悪で、
だから別にどう思われてももういいや、と思っている。

そういうのをひっくるめて、笑ってくれる友達がいる。
たぶん、何人かいる。
ありがたいなぁ。
彼女らだけはなくしたくないなぁ。
なくしたくないもの、を思い浮かべる時に、人の顔が浮かぶのはすごく幸せなことだ。


意外と元気だなと思ってたけど、存外弱っているのかもしれない。
とげとげしなくなっただけ良いかな。今は弱っているとして、そういうじぶんを受け止めてあげられる。

心を受け止めてもらえたんだから、ちゃんとしなきゃな。
誰もわからなくても知らなくても、ちゃんとその事実があるんだから。


焦って掴んで壊してばっかりだったな。
ありがとう。
posted by はるな at 03:24| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

free quiet

誰にも、ごめんねって思わずに、
悲しんだりさみしくなったりできる。
心が置き去りにならないでいられている。
わたしはわたしの手を握ってあげられている。

みんなにわらわれて、誰もわかってくれなくていい。
悲しめるのが嬉しくて泣けるなんて、わかってくれなくていい。
だから今は触られたくない。
わたしの愛しい孤独にさわらないで。
posted by はるな at 02:20| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

so young

間違ってない。
ごめんなさいより、ありがとうが言える。
だいじょぶだ。
posted by はるな at 11:27| Comment(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする